田中博ノート

探偵小説研究会の田中です。雑誌等に書きっ放しになっている文章や、手元にある未発表の文章を掲載しています。

2007-09-01 モダンとポストモダン――批評の問題《番外編・2》

[]

 前回の続きです。

「モダンを恐れないポストモダニストを目指そうと考えている」と、書いたけれども、それは以前の私が「ポストモダンを恐れるモダニスト」だったからで……

つまり、前回引用した文章からも分かるとおり、ポストモダン臭い言説に対して妙に敏感に反応して、そうした思考・志向・嗜好を無化することに、なんだか一所懸命だったわけで……それは、やはり、ポストモダン的な相対主義(いや、ポストモダニズムが単なる相対主義だと言いたいわけじゃないけれど)に対して、そんなことじゃ批評的なパースペクティブは維持できない……みたいな“恐れ”があったからだと考える。

だから、ポストモダニストになったからといって、逆にモダンを恐れて、それに対する相対化とか切断に汲々としていると――以前、自分が批判していたような、「ソフトモダニズム」というか「ネオモダニズム」みたいなこと――「マルクス主義」とか「近代の超克」とか「カウンターカルチャー」とか……結局、従来の“モダンな近代批判”みたいなものの繰り返しになっちゃうのは目に見えている。いや……別に、なっちゃってもいいんだけどさ……ウマイことさえ言えれば。

いいんだけど……例えば、メタフィクションとか、メタレベルとオブジェクトレベルの交錯とか、そういう“相対化”路線・切り口でポストモダンを論じるようでは、どうしてもウマクいかないような気がする。あんまり利口ぶると、ピントがズレるのじゃないか? 一度、バカにならないといけないような気がする……

そもそも、モダンが……と、いうよりモダンな考え方・言説が機能しなくなりつつあるのは、表向きのこと――と、いうか……モダンが(モダンな言説)が機能していた(ように見えていた)頃でも、現実はグチャグチャだったわけで、処理できない様々な事象がモダンの(モダンな言説の)底では犇いていたわけで――それが、メディア・テクノロジーの発展に伴い、取り繕えなくなってきた――と、いうこと(そこらへんは、「CRITICA」2号の拙稿を参照してください)なのだから……

例えば“近代国民国家”というゴリゴリのモダンなイデオロギー(って、この言葉も、実にモダン臭いけれど)に纏わる言説は、今までだって全ての現実を回収・配当しきれていたわけではなく――また、現在、それが全く機能しなくなったわけでもない(依然として、色々なことに対する回収・配当回路を維持している)。

さらに、例えば――小説の話で言えば、“自然主義的リアリズム”という看板(?)で過去の蓄積をモダンに括って、加齢臭を漂わせているから「ハイ、それまでヨ」――みたいな、そんな単純なことにはならないでしょう? あんまり、リニアに“モダン”の次は“ポストモダン”です――ってわけにはいかないでしょう?

つまり、モダンの看板の裏には色々とグチャグチャしたものが貼りついていたし……そして、それは、それなりに可視化されてきたとも思う。それを、看板と一緒に……盥の産湯と一緒に赤ん坊を捨てるみたいに……お払い箱にしちまうのは無茶で……

ぶっちゃけた話で、「モダン/ポストモダン」という対立より、「言説/現実」という対立の方がラディカルなはず――と、いうか……基本的に、私は後者にプライオリティを置きたい。

もちろん、ここらへんは実に微妙で……「モダン/ポストモダン」という対立は、“言説”の問題ではなく“現実”の問題である――とか……“言説”も“現実”の一部だし、むしろ“現実”なんてのは“言説”において可視化されるのだ――みたいな議論もあるだろうし――それは、それで、ある程度のところ納得するのだが……

そう……批評にとって、例えば“小説”は、問題とすべき“現実”の一部のように扱われたりすることもあるけれども、そもそも“小説”自体が“言説”の一種であったりするわけだ。ここらへん、微妙だよねぇ。言い換えると、小説を(まぁ、それが言説の一種であっても)現実として扱うか、それを言説として扱って“その向こう”に現実を透かし見るのか……ここらへん、微妙だよねぇ。「言説/現実」にプライオリティを置く以上、私の立場は基本的に後者になるわけだし、そうなると“リアリズム”みたいな問題が、どうしても浮上してくる。

こういう“微妙”なところをウロウロしていると、「モダン/ポストモダン」という区分が(少なくとも言説上の区分)が意味ないじゃん……ってことにもなるのだが(それが、以前のモダニスト田中の立場だったのだが)、現状の変化は、そんな風に居直ることじゃ遣り過ごせない――という不安に苛まれて……開き直ってポストモダニズム宣言をしちゃったのだが……ただし、「モダンが大好き」とか「モダンを恐れない」とか言い訳しているわけで……

“居直り”“開き直り”は、どう違うのよ?――と、いう疑問も当然あるし……実際、同じかもしれないけど……でも、チョットだけニュアンスがちがうでしょ? 微妙なんだけど……

解りにくいよなぁ……そこらへん、またフォロウして考えてみたいと思います。なんか、同じことの繰り返しというか――とめどなく“だらしなく”酔っ払いの繰言みたいになりつつあるけど……千鳥足でも一歩ずつ……


うぅむ……なかなか探偵小説の話に戻って来れないけれど……“メタフィクション”とか、それから、えぇと……“リアリズム”とか……なんだか、手持ちのパンが小さくなってきているけど……まだ、パン屑を置いていっているつもりです。