市川尚吾の蔵出し

 | 

2017-06-27

[]「本格ミステリ大賞」を道具にされたくない 10:57

自分の好きなドラマが世間から叩かれていて、視聴率も悪いという状況の中で、援護目的なのか何なのか、同ドラマに対して「本格ミステリ大賞の特別賞が与えられてもいいんじゃないか」的なことを言い出している人たちがいるようだが、ちょっと待ってほしい。

彼らは本格ミステリ大賞について何を知っているというのか。17年の歴史があるが、今までに映像作品を顕彰したことはない。なのに今年、映像作品に(例外的に)特別賞を贈るということになると、少なくとも過去17年の連続ドラマ・単発ドラマ・映画などの映像作品の中で、ダントツの1位と評価される必要があると思うのだが(10周年のときに特別な企画として海外作品を顕彰したことがあったが、10年目で初めての試みだったので、過去10年間に書かれて翻訳された作品を対象としていた。同様に今年は映像作品に特別に賞を贈ることにしたという場合、今年の作品だけでなく、過去17年間の映像作品も対象になるのが筋というもの)、連続ドラマがまだ終わっていない状態で1位だと決めつけることは論理的にできないはずだし(7話以降でガクンと品質が落ちて平均点が下がる可能性はまだある。論理性を重んずるなら、ドラマが完結して最終的な品質が確定するのを見極めてから言い出すべきだった)、「映像作品にも賞を与えてほしい」というだけならともかく、最初から「このドラマに贈るべき」と決め打ちしているのは、過去17年間の映像作品を軽視(というか無視、あるいは侮辱)していることに他ならない。全部ではないにしろ、過去17年間に制作された映像本格ミステリの多くを視聴していて、その中でも今回のドラマはダントツだ、という主張ならまだ筋は通している(過去の作品を軽視してはいない)と言えそうだが、結局、それはあなたの主観であって、本格ミステリ作家クラブ(本格ミステリ大賞の運営母体)がそう感じるべきだ、という価値観の押し付けになっていないか、もっと慎重さが要求されるはずだし(慎重さに欠けるのが問題だし)、過去17年間の映像ミステリ作品をそれほど網羅的に見ていない人が言っているのだとしたら論外だ(ハッシュタグは誰でも使えるので「論外」レベルの人も大量に賛同した形になって、逆にムーブメントの足を引っ張っているように見えてしまうのはどうにかならないものか)。

映像部門を新設して第一回受賞作に選んでほしい、という方向ならば対象は今年に限定されるが、それでも5月の段階で、当該ドラマが1位になると決め打ちしているのは、ミステリに理解のある他の映像作家に対する侮辱(あなたがたが今年の後半にどういう作品を作ろうとも、この作品は越えられないだろう)になっている。いやいや侮辱していない、当該ドラマを越えた作品が下半期に作られたらそれも顕彰しよう、合格点を超えたら何作でも授賞させよう、という言い逃れがまだ可能かもしれないが、そうなると賞の乱発を許すことで「本格ミステリ大賞」の価値が下がるし、年に一作(投票で同点なら二作)と規定された小説部門や評論・研究部門の過去の受賞作や、特別賞の過去の受賞者を(間接的に)貶めることになるだろう。というか映像部門の新設が絵に描いた餅でしかないのだが。

そもそもの話、本格ミステリ作家クラブの処理能力はかなり小さい。現状でも候補作を選ぶ予選委員と本投票に臨む会員の負担はそれなりにあって、「小説部門」と「評論・研究部門」でほぼ手一杯の状況である。それでも過去の功績が飛び抜けていて、この方を顕彰したいと、現役の作家や評論家が思ったからこそ、鮎川哲也、宇山秀雄、戸川安宣、島崎博の四人には特別賞を授賞した。規模が小さく、作家たちの「手作りの賞」という意識があったからこそ、規定外の授賞である「特別賞」を乱発せずに対象をかなり厳選してきたし、結果的に「受賞すること」の価値が高まっている。

そこに外野の(クラブの会員でもなく、クラブの理念や現状などにも通じていない)人間が、勝手に何かを並べたりしないでほしい。鮎川哲也の功績を知っている人が、今回のドラマはそれに並ぶものだと主張しているのならば、耳を傾けないでもないが(本格一筋に生涯を捧げた作家とワンクールのドラマを同列に語れるならば語ってみよ)、特別賞の過去の受賞者についてたいして知識がない人が「某ドラマに本格ミステリ大賞特別賞を」と言っているのだとしたら、しかもそれが「某ドラマを自分は高く評価しているのに世間の評価が低いから、権威による擁護がほしい」というだけの動機でそう言っているのだとしたら、あまりにも自分勝手にすぎやしないだろうか。

自分の好きなドラマに対して「無理解な態度」を取っている視聴者に対抗するために、本格ミステリ大賞の名前を持ち出している人は、とりあえず過去17年間に作られたミステリ系のドラマに対して、自分が同様の「無理解な態度」を取っていることを自覚してほしい。「相棒」や「TRICK」といった連続ドラマに対して(あるいは「名探偵コナン」などのアニメや「キサラギ」「アフタースクール」などの実写映画に対して)「特別賞を」と言わなかったくせに、今回のドラマに対しては「特別賞を」と言っているということは、そこに明確な差があると言っているわけで、あなたがたは(たぶん無自覚なんだろうけど)いろんな作品の関係者(およびファン)に対して喧嘩を売っているんですよ。あなたが大好きなドラマをいま貶している人たちと、同じことをしているんですよ。

「○○した功績が何らかの賞に値する」という論法で他作品に喧嘩を売るのは無謀でしょう。他の映像作品は一切「○○」をしていないという事実があってこそ、そういった差別化が成り立つわけで、じゃあここ17年間の他の映像作品は、新しい層に本格ミステリの魅力をアピールできなかった、新しい見せ方をしてこなかった、探偵役の設定に工夫を凝らさなかった、原作に手を加えることで本格としての価値を増すということをしてこなかった、ロジカルな解決の面白さを誰にも伝えてこなかった、etc……、という個別の証明を伴わなければならない。あらゆる方面に喧嘩を売って、当然「この作品にもそういった功績は認められますよ」という反論が各方面から返ってくることが予想されるのだが、「そんなしょぼい功績は賞に値しない。こっちはもっと功績が大きいんだから」などと言い張って、ミステリファンの中で孤立化してゆく未来しか見えないのだが。

「この作品に(だけ)賞を」というアピールは「この作品以外は賞に値しない」と言っているも同然で、騒動の元になる。そんなことのために「本格ミステリ大賞」の名前を使わないでいただきたい。

ちなみに「某ドラマ」は毎週録画していて、まだ追い付いていないが、とりあえず第三話まで見ている。視聴率がふるわないという指標はあるようだが(といっても「月9にしては」という但し書き付きで、フジテレビの中ではトップレベルの数字を出しているはず)、本格ミステリの映像化として高い満足度が得られる作品になっていると思うし、この内容で批判している人がいるとしたらその人間のほうが間違っていると個人的には思う。むしろ誰よりも強く思っているし、自分に自信があるからこそ「援軍」の必要性はまったく感じない。間違いなく優れている。貶す人間のほうが間違っている。話はそれで完結している。だったらどうして賞を欲しがるのか。

間違いなく優れているとは思うのだが、過去17年でダントツだとまでは思っていない。この作品に賞を与えたら、過去のいろいろな作品(あれとかこれとか)のファンが大挙して、じゃああれにも与えてほしい、これにも与えてほしいとなってキリがなくなると思うので、余計な波風を立てないでほしいと言っているのである(そういう意見が出てこないほど「誰にとっても突出した作品」にはなっていないと個人的に判断している。この判断がもし間違っていたと後になって意見を変えることがあったら各方面に謝罪します)。もし本格ミステリ大賞が映像作品に対して何らかの賞を与えることがあるとしたら、本当に「誰にとっても突出した作品」に限定されるべきであって、たとえば「刑事コロンボ」や「奇術探偵ジョナサン・クリーク」あたりの水準(質と量)を満たした作品に厳選してほしい。

基本的には活字の世界で活動している人たちが集まって作った賞なので、専門外のメディアに授賞する際にはそれだけ慎重に、例外的な扱いにふさわしい作品に厳選すべきだと思うのだ。逆に映像部門に今後力を入れてゆくのならば、映像作品における「本格ミステリのあり方」を熟知した映像作家なり脚本家なりを会員として大幅に増員してから、そういった部門を新設すべきであると(でもその必要はないと個人的には思っている)。

まとめ。

過去17年間のすべての本格ミステリ系映像作品と戦って1位が取れますか?

もそしれで1位を取れたとしても、特別賞の既受賞者四人に共通する「現役の多くの本格ミステリ作家を誕生させ、本格ミステリの今の隆盛を、半生を賭けて招来させた」という功績と同列に並べられますか?

もし同列に並べられたとしても、特別賞の乱発(による価値の暴落)は避けたいので、既受賞者の四人とそのドラマの、合計五回の受賞に並ぶものは今後、数年に一度出るか出ないかのレベルだと、多くの人に認めさせることができますか?


注:以上の文章は約一ヵ月前、5月25日に書いたものである。最終回まで見終えて、傑出したドラマだという意見には賛成するが(僕自身が映像作品に詳しくないので、過去17年間で並ぶものがない傑作かどうかの判断はできない。もしかするとそうなのかもしれないが)、だからといって本格ミステリ作家クラブが顕彰するのは違うという、自分の中での結論は変わっていない。

 |